トピックス

【お知らせ】地震から身を守る室内安全セミナー

東京消防庁では、家具類の転倒・落下・移動防止対策をはじめとした地震時の室内安全対策について、東日本大震災以降、毎年、有識者を招いた室内安全セミナーを開催しています。今年度は当協会の会長 平田 直(東京大学地震研究所教授)が「首都直下地震と南海トラフ地震による災害と対応策~新しい方向性~」について講演を行います。

また、講演後には、マンション管理会社・賃貸管理会社・事業所向け家具転倒対策講習も開催されます。

地震から身を守る室内安全セミナー
日 時  平成30年3月12日(月)午後2時~午後4時
     *午後1時開場 開演まで家具対策ビデオの上映があります。

定 員  300名
参加費  無料
場 所  明治大学中野キャンパス 5階ホール(東京都中野区中野4-21-1)

応募方法 Emailで、「室内安全セミナー」宛
     住所、氏名、事業所、電話番号を入力の上お申し込みください。

     Email : shinsaika@tfd.metro.tokyo.jp

*会場には、駐車場、駐輪場はありませんので、電車・バス等の公共交通機関を
ご利用ください。
注)満席等でお断りさせていただく場合のみご連絡させていただきますのでご了承ください。

 

【イベント】中高生ボランティアフェスティバル2018|2月12日(月祝),新宿区

 

東京ボランティア・市民活動センター主催『中高生ボランティアフェイスティバル2018~被災者から学ぶこと 私たちにできること~』が、2018年2月12日(月祝)に東京都新宿区で開催されます。

本協会のスタッフが防災教育教材を用いて、中高生の防災対策を一緒に考えます。詳細は下記のホームページからご覧ください。

  ○ 中高生ボランティアフェスティバル2018|東京ボランティア・市民活動センター

特別支援学校でPTA・児童生徒による避難所体験学習|鹿嶋市

 

2018年2月3日(土)、茨城県立鹿島特別支援学校で、本協会の派遣講師がPTAと児童生徒が参加する避難所体験学習の指導を担当しました。実際の避難を想定した非常持ち出し袋を持参し、中身を確認したり、児童生徒と一緒に就寝スペースを作成するなどして体験学習を行いました。

中学校社会科授業野外調査で「防災まち歩き」を支援|墨田区

 

2018年1月29日(月)、墨田区立両国中学校で社会科授業の野外調査に、本協会スタッフがアドバイザーとして同行しました。生徒は事前にワークシートやまち歩きのルートマップを確認し、協力してくださる地域の方がへの質問事項をまとめました。生徒の移動ルートに合せ、公園の役割や浸水が想定されるエリア、隅田川沿いのスーパー堤防などについてアドバイスしました。2月中には、まち歩きの調査結果をまとめた学内発表会も行われる予定です。

【会員向け】メールマガジン発行のお知らせ

 

2018年1月25日より会員向けメールマガジンの発行を開始しました。下記よりバックナンバーがご参照いただけます。

バックナンバーの閲覧にはパスワードの入力が必要となります。パスワードは毎号メールマガジンの末尾に記載しています。

 

第1号 トピックス(2018年1月25日発行)

───────────◆◇◆INDEX◇◆◇────────────

◆〔1〕Short Interview  第1回 会長 平田 直(東大地震研教授)

◆〔2〕防災教育ヘッドライン
    ・消防庁、災害時臨時消防団員制度導入へ
    ・各地で鎮魂の祈り=教訓継承、決意新たに-阪神大震災23年/兵庫

◆〔3〕注目のセミナー・イベント情報
    ・ぎゅっとぼうさい博!2018(1/27)
    ・防災とボランティアの集い(1/27)
    ・防災教育研究会「これからの防災教育を考える」(2/6)
    ・八国山サバイバル防災DAY(2/18)

◆〔4〕ぼうさいきょういくのQ&A
    ・防災教育普及協会ってどんな活動をしているの?

◆〔5〕教材・プログラム・実践事例紹介
    ・地域における防災教育の実践に関する手引き

───────────────────────────◆◇◆────────

メールマガジン バックナンバー

1 2 3 4 5 6 31