トピックス

【イベント】防災教育交流フォーラム~今、防災教育に足りないものは何か~|ぼうさいこくたい2018(10/14)

 

ぼうさいこくたい2018セッション 防災教育交流フォーラム
『 今、防災教育に足りないものは何か? 』
~ 多様な視点で解決策を探る ~

趣旨

 地震・津波、火山、風水害などに備え、防災教育の一層の推進が求められています。しかし学校・組織・地域では、なかなか進みません。そこで、これまでの防災教育を振り返るとともに、今、防災教育に足りないものは何かを様々な視点から話題提供します。そして、問題解決の方法・戦略をディスカッションします。

 

日時・会場等

 2018年10月14日(日)10:00~11:30

 東京ビッグサイト 会議棟7階 国際会議場(定員1,000名 ※事前申込不要)
 アクセスは こちら(東京ビッグサイト)  をご覧ください。

 

プログラム

 趣旨説明(司会進行)

 話題提供(出演者、テーマ「今、防災教育に何が足りないのか」)

 ディスカッション(モデレーター・出演者、テーマ「解決策は何か」)

 

出演者ほか

 モデレーター
  河田惠昭 関西大学社会安全学部 特別任命教授
  林 春男 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 理事長
 出演者
  平田 直 東京大学地震研究所 教授
  諏訪清二 防災学習アドバイザー・コラボレーター
  鍵屋 一 跡見学園女子大学観光コミュニティ学部 教授
  佐藤公治 南三陸町立歌津中学校 主幹教諭
  澤野次郎 災害救援ボランティア推進委員会 委員長
  国崎信江 株式会社危機管理教育研究所 代表
  中川和之 株式会社時事通信社 解説委員
 司会進行
  木村玲欧 兵庫県立大学環境人間学部 准教授   ※順不同

 

案内チラシ(ご自由にダウンロードしてご利用ください)

※画像をクリックすると拡大・ダウンロードできます(.jpg形式)。

 

防災教育交流フォーラム「今、防災教育に足りないものは何か」チラシ

※リンクをクリックするとPDFファイルをダウンロードできます。

 

参考リンク

ぼうさいこくたい2018公式サイト

ぼうさいこくたい2018公式Twitter

「そなエリア東京」で養護教員向け研修会|江東区

2018年7月31日(火)、東京臨海広域防災公園「そなエリア「京」で、埼玉県飯能地区の養護教員による研修会が行われ、本協会派遣講師が指導を担当しました。『災害に負けない心とからだを支える』をテーマに、実際の被災地支援での様子や、避難所での食事や衛生面の管理、トイレ対策、心のケアなどについて紹介し、ワークショップ「災害時のトイレアクションを考えよう」も実施しました。

<参考記事>

社会福祉協議会「ボランティアサマースクール」で災害ボランティア体験指導|白井市

 

2018年7月31日(火)、中高生が参加する白井市社会福祉協議会主催「ボランティアサマースクール」防災教育の時間に、関連団体「災害救援ボランティア推進委員会」職員を兼務している本協会の宮﨑事務局長による災害ボランティア体験指導が行われました。平成30年7月豪雨の状況や災害ボランティアの基本について説明した後、災害ボランティアセンターの活動について模擬的に体験するプログラムを行いました。

市町村職員向けに災害対策の基本・避難所運営・生活再建等に関する総合研修を実施|埼玉県

2018年7月24日(火)、彩の国さいたま人づくり広域連合主催「災害対応研修~災害対応サイクルで考える避難所運営の実際~」が開催され、本協会の宮﨑事務局長が講師を担当しました。同研修では、自助・共助・公助など防災対策の基本に関する講義に加え、災害対応カードゲーム「クロスロード」によるケースワーク、「避難行動訓練EVAG」を用いた避難誘導支援のほか、避難所運営ゲーム(HUG)を用いた避難所開設・運営図上演習、生活再建に向けたサイクルの解説など、総合的な視点で実施しました。

 

【参考リンク】

彩の国さいたま人づくり広域連合
2018-07-24 災害対応研修シラバス

【レポート】防災ゲームDay2018inそなエリア東京を開催しました

2018年7月7日(土)、東京臨海広域防災公園で『防災ゲームDay2018inそなエリア東京』を開催し、親子づれや防災関係者など約870名が参加しました。実施報告書は下記をクリックするとダウンロードできます。

 

 防災ゲームDay2018報告書

1 2 3 4 5 6 37