活動実績

平成30年度新任教頭研修会で防災教育について講演|埼玉県

埼玉県総合教育センター主催の県立高等学校・公立小中学校等新任教頭研修会で『防災教育の取り組みについて』をテーマに講演を行い、頻発する大規模災害の事例や教訓、地域における防災教育実践の要点、防災教育教材の活用方法などを紹介しました。防災教育実践支援ツールとして、下記の記事で紹介しているガイドチャートやサポートシートなども紹介しました。

社会福祉協議会「ボランティアサマースクール」で災害ボランティア体験指導|白井市

 

2018年7月31日(火)、中高生が参加する白井市社会福祉協議会主催「ボランティアサマースクール」防災教育の時間に、関連団体「災害救援ボランティア推進委員会」職員を兼務している本協会の宮﨑事務局長による災害ボランティア体験指導が行われました。平成30年7月豪雨の状況や災害ボランティアの基本について説明した後、災害ボランティアセンターの活動について模擬的に体験するプログラムを行いました。

市町村職員向けに災害対策の基本・避難所運営・生活再建等に関する総合研修を実施|埼玉県

 

2018年7月24日(火)、彩の国さいたま人づくり広域連合主催「災害対応研修~災害対応サイクルで考える避難所運営の実際~」が開催され、本協会の宮﨑事務局長が講師を担当しました。同研修では、自助・共助・公助など防災対策の基本に関する講義に加え、災害対応カードゲーム「クロスロード」によるケースワーク、「避難行動訓練EVAG」を用いた避難誘導支援のほか、避難所運営ゲーム(HUG)を用いた避難所開設・運営図上演習、生活再建に向けたサイクルの解説など、総合的な視点で実施しました。

【アンケート結果】

災害対応研修アンケート結果

【参考リンク】

彩の国さいたま人づくり広域連合

2018-07-24 災害対応研修シラバス

【レポート】防災ゲームDay2018inそなエリア東京を開催しました

2018年7月7日(土)、東京臨海広域防災公園で『防災ゲームDay2018inそなエリア東京』を開催し、親子づれや防災関係者など約870名が参加しました。実施報告書は下記をクリックするとダウンロードできます。

 

 防災ゲームDay2018報告書

明日から使える!防災教育実践のポイントを紹介|神奈川県災害対策課・教育委員会

 

2018年6月22日(金)、神奈川県藤沢合同庁舎で「湘南三浦地区学校保健・学校安全研修会」が県災害対策課・教育委員会の連携で開催されました。本協会の宮﨑事務局長が『明日から使える!防災教育実践と継続のポイント~小・中学校での教材活用事例をもとに~』をテーマに講義・ワークショップを行いました。

教材は宮﨑事務局長が開発・公開している『避難誘導に協力しよう』と国交省が公開している『このつぎなにがおきるかな』を用いました。また『防災教材活用ガイドチャート』や『防災教育実践サポートシート』などを用いて、実践と継続のポイントについて紹介しました。

研修後、参加者の方からたくさんのご意見が寄せられましたので、下記PDFにまとめています。

湘南三浦地区学校保健・学校安全研修会参加者アンケート

第4期防災教育指導者育成セミナー水害編を実施、ワークショップでポイントを学ぶ

 

2018年6月3日(日)、東京大学地震研究所(文京区)で『第4期防災教育指導者育成セミナー水害編』を実施し、本協会の会員を中心に56名の方が受講されました。

 ◯ 【終了】第4期防災教育指導者育成セミナー水害編|6月3日(日)文京区

今期のセミナーでは、国立研究開発法人防災科学技術研究所の中村一樹氏による講義に加え、防災教育チャレンジプランで大賞を受賞した千葉県立矢切特別支援学校の三辺悠介氏による実践事例報告、また新潟県中越防災安全推進機構の諸橋和行氏とLoveLiverNet代表の樋口勲氏両名によるワークショップなど、多彩な内容となりました。

ワークショップでは実際に行われている授業内容を参考にしながら、実際に防災教育プログラムをつくるにはどうしたらよいのか参加者同士での話し合いが行われました。

 

 

社員・役員研修で防災トレンド紹介と災害対応ワークショップ|千代田区

千代田区内の一般社団法人様を対象に社員・役員研修を実施しました。冒頭に昨今の災害の現状や、第3回国連防災世界会議で示された仙台防災枠組の内容、防災4.0未来構想プロジェクト、ビッグデータの活用など防災トレンドについての話題提供を行いました。

その後、実際に同社の災害対応について防災教育教材「目黒巻」をチームに分かれて行いました。ワークショップ中から備蓄品の品目、数量を確認するなど積極的な意見交換や作業が行われました。