研修案内

【イベント】防災ゲームDay2016 そなエリア東京(6/26開催)

防災教育に関するゲームや教材を体験してみよう!!

東京臨海広域防災公園管理センター、弊会主催で防災体験学習施設「そなエリア東京」を会場に下記のイベントを開催します!
さまざまな防災教育に関するゲームや教材を体験することができます。終日、実際にゲームを体験できるコーナーや展示コーナーが開設されていますので、お気軽にご参加ください。

◆イベント概要

イベント名 : 防災ゲームDay2016 そなエリア東京

日 時 : 2016年6月26日(日) 10:00~16:00

会 場 : 東京臨海広域防災公園そなエリア東京(アクセス:ゆりかめも「有明」駅徒歩2分)

アクセスマップ

内 容 : 防災ゲーム、教材、資料の展示及び体験講座

参加費 : 無料

参加申込 : 不要です。当日、会場にお越しください。

主 催 : 東京臨海広域防災公園管理センター、一般社団法人防災教育普及協会

後 援 : 日本赤十字社、一般社団法人日本損害保険協会、国土防災技術株式会社

 

◆タイムスケジュール

下記をクリックすると当日のタイムテーブルをダウンロードできます。
▶ bousaigameday2016time[PDF]

bousaigametime

◆出展及び体験可能なゲームや教材

・防災教育教材「避難行動訓練EVAG(豪雨災害編)」 (国土防災技術株式会社)
★↑ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016教育・人づくり部門受賞教材★
 詳しくは同社ホームページをご覧ください。

・災害対応カードゲーム教材「クロスロード」(チームクロスロード)
・防災すごろくゲーム「GURAGURA TOWN」(NPO法人プラス・アーツ)
・防災カードゲーム「なまずの学校」(NPO法人プラス・アーツ)
・防災カードゲーム「シャッフル」(NPO法人プラス・アーツ)
・避難所運営ゲーム「HUG」 (静岡県)
・災害状況イメージトレーニングツール「目黒巻」(東京大学生産技術研究所目黒研究室)
・災害対応シミュレーションゲーム「ダイレクトロード」(神戸市消防局)
・学校向け教材「うさぎ一家の防災グッズえらび」(防災教育普及協会)
・学校向け教材「災害状況を想像する力を身につけよう」(防災教育普及協会)
・学校向け教材「災害時のコミュニケーションを学ぼう」(防災教育普及協会)
・学校向け教材「災害時のトイレアクションを考えよう」 (NPO法人日本トイレ研究所)
・幼児向け防災教育用カードゲーム「ぼうさいダック」(一般社団法人日本損害保険協会)
・小学生向け防災教育プログラム「ぼうさい探険隊」(一般社団法人日本損害保険協会)
★↑ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016教育・人づくり部門受賞教材★
・防災教育教材『カードで学ぶ非常持出袋』~大学生が考えた防災教育教材~(神戸学院大学)
・iPadを使った防災教育アプリ「スキナのセレク島」シリーズ(パステルハートプロジェクト)
気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、その時どうする?」
日本赤十字社による防災教育用教材、資料等
「地域における防災教育の実践に関する手引き」(一般社団法人防災教育普及協会)
・防災ビンゴ(東京臨海広域防災公園) 
東京防災及び防災ノート小学校~高校版(東京都)

◆イベントチラシ

下記をクリックするとチラシをPDFファイルでダウンロードすることができます。
▶ bousaigamechirashi[PDF]

bousaigamechirashi

★更新情報★

2016.06.09
日本赤十字社様にご後援いただきます。

2016.05.29
一般社団法人日本損害保険協会様、国土防災技術株式会社様にご後援いただきます。

2016.05.20
神戸市消防局様に災害対応シミュレーションゲーム「ダイレクトロード」をご指導いただきます。また、国土防災技術株式会社様に豪雨災害時の避難行動を考えるゲーム「EVAG」をご指導いただきます。気象庁ワークショップ「経験したことのない大雨、その時どうする?」、災害状況イメージトレーニングツール「目黒巻」や、発達障害をお持ちの児童生徒向け教材「スキナのセレク島シリーズ」、避難所運営を考える「避難所運営ゲーム-HUG-」等については、弊会職員が展示指導を担当します。

2016.05.18
タイムスケジュールを公開しました。

「防災教育を中心とした学校安全フォーラム」のご案内(1/22,宮城県)

2015年度

「防災教育を中心とした学校安全フォーラム」のご案内

 

目的

宮城県教育委員会では東日本大震災の教訓を踏まえ,各学校園における防災教育の充実を図ると共に防災管理体制の整備を進めている。「みやぎ学校安全基本指針」に基づいた指導教材として副読本を作成・配布するとともに,その活用について推進協力校で研究開発を行っている。さらに,防犯を含む生活安全教育や交通安全教育についてもその重要性を認識し,児童生徒の安全・安心を守るための教職員研修等一層の充実を図ることとしている。

また,東北大学災害科学国際研究所においては第3回国連防災世界会議をきっかけに防災教育国際協働センターを設置し,防災教育日本連絡会や日本安全教育学会をはじめとした国内外のネットワーク構築,学際研究,人材育成を推進している。
震災から5年が経過しようとしている今,国連防災世界会議で採択された仙台宣言の実現に向け国際的な視野に立って,これまでの取組や活動について広く国内外に発信すると共に,研究機関や教育実践機関等が互いの取組について理解を深め,課題解決に向けた協議を行い,今後の防災教育を含む安全教育,安全体制の発展に資する。

主催

宮城県教育委員会 東北大学災害科学国際研究所防災教育国際協働センター

後援

防災教育日本連絡会,日本安全教育学会,全国学校安全教育研究会,東京都学校安全教育研究会,学校安全教育研究所,宮城教育大学教育復興支援センター,東北地理学会(申請中)

日時

平成28年1月22日(金)9時30分開会(9:00受付)

会場

宮城県岩沼市民会館大ホール(岩沼市里の杜1-2-45 電話:0223-23-3450)

参加対象

教職員(防災担当主幹教諭,防災主任,養護教諭等),
市町村教育委員会担当者,大学等の研究機関,防災教育関係者 等。

日程及び内容

【午前の部】 未来をひらく地域に根差した安全教育~

9:30 開会 (9:00 受付開始)
9:30~9:40 【開会行事】
あいさつ 高橋 仁(宮城県教育委員会教育長)
趣旨説明 佐藤 健(東北大学災害科学国際研究所・教授、防災教育国際協働センター・センター長)
9:40~10:30 【特別講演1】
高野孝子(早稲田大学留学センター・教授、NPO 法人エコプラス・代表理事)
「地域に根差した教育~持続可能な社会づくりへの試み~)」
10:30~10:40 休憩(10分)
10:40~12:00 【パネルディスカッション】
「子どもたちの安全を守る地域と学校の体制整備について」
パネリスト:宮城県防災教育を中心とした実践的安全教育推進委員10名
事例発表:岩沼市,石巻市,柴田町担当者
12:00~13:00 昼食・休憩

 

【午後の部】未来へつなぐ防災教育

13:00~13:50 【特別講演2】
トミー・ムリア・ハッサン(インドネシアアチェ津波博物館・館長)
「アチェにおける津波アーカイブと教育への活用」 ※逐次通訳あり
13:50~14:00 休憩(10分)
14:00~14:30 【防災教育推進協力校実践発表】
・地域連携の組織体制整備による防災教育推進事例(依頼中)
・防災教育副読本を活用した効果的な防災教育実践事例(依頼中)
14:30~15:10 【報告1】
森本晋也(岩手県教育委員会事務局学校教育室・主任指導主事)
「復興・発展を担う人づくりを目指して~岩手県における復興・防災教育~」
【報告2】
吉川武彦(福島県教育庁義務教育課・指導主事)
「『生き抜く力』を育む福島県の防災教育」
15:10~15:20 休憩(10 分)
15:20~16:10 【講 演】
藤田大輔(大阪教育大学・教授、学校危機メンタルサポートセンター・センター長)
「SPS(セーフティプロモーションスクール)認証による学校安全の充実(仮題)」
16:10~16:20 【閉会行事】
あいさつ 松本文弘(宮城県教育庁スポーツ健康課長)
16:30 閉会、解散

 

参加申し込み

こちら のメールフォームからお申し込みください。なお、締め切りは12月24日(木)と記載されておりますが、1月4日(月)まで申し込みをは受け付けております。詳細は主催者までお問い合わせください。

【報告】防災教育実務者セミナー2015(10/17)

1 防災教育実務者セミナー2015を実施

 2015年10月17日(土)、東京・有明にある内閣府施設『有明の丘広域防災拠点施設』内会議室において「防災教育実務者セミナー2015」を実施しました(詳細は下記をご覧ください)。平田会長による開会挨拶、澤野常務理事による防災教育の展望に関する講義ののち、宮﨑事務局長による講義及び模擬授業が行われました。

 

2 セミナーのようす

IMG_3460 IMG_3468 IMG_3471

 

3 使用教材・参考資料

宮﨑事務局長による講義資料、参考資料等は下記から閲覧、ダウンロードすることができます。

 

(1)地域における防災教育の実践に関する手引き

弊会では、内閣府(防災担当)、防災教育チャレンジプラン実行委員会、公益財団法人日本法制学会の協力により「地域における防災教育の実践に関する手引き」をテキストとして印刷・無償で配付しています。データは下記、内閣府のホームページからダウンロードできます。印刷されたテキストをご希望の方は事務局までお問い合わせください。

地域における防災教育の実践に関する手引き[PDF]

 

(2)講義「アクティブ・ラーニングを促す防災教育授業例」資料

 

(3)模擬授業教材「うさぎ一家の防災グッズえらび」

先生のための教育事典「EDUPEDIA」に該当教材や指導案が掲載されています。無料で閲覧、ダウンロードすることができます。防災グッズのイラストデータも利用可能です。

EDUPEDIA「うさぎ一家の防災グッズえらび」

 


※イベントは終了しています※

『防災教育実務者セミナー2015
~地域における防災教育実践力を高める~

2015年10月17日(土) 10:00~11:45
於:有明の丘広域防災拠点施設(「有明」駅より徒歩2分)

 

●セミナー内容、スケジュール

 09:30 開場・受け付け開始

 10:00 開講挨拶

 10:05 講義1『地域における防災教育実践の手引きの解説』
       講師:一般社団法人防災教育普及協会 常務理事 澤野 次郎

 10:30 講義2・演習『アクティブ・ラーニング※を促す防災教育授業例と教材体験』
       講師:一般社団法人防災教育普及協会 事務局長

          防災教育コンサルタント 宮﨑 賢哉

 11:30 質疑応答

 11:45 閉会

 

※なお13:00から同会場で『防災教育交流フォーラム(主催:防災教育チャレンジプラン実行委員会)』が開催されます。詳しくは こちら のホームページをご覧ください。

※【アクティブ・ラーニング】教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称。学修者が能動的に学修することによって、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る。発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等も有効なアクティブ・ラーニングの方法である。(文部科学省による定義)

 

●主催・共催・協力

 主催:一般社団法人防災教育普及協会
 共催:東京臨海広域防災公園管理センター、防災教育チャレンジプラン実行委員会
 協力:災害救援ボランティア推進委員会、効果的な防災訓練と防災啓発(ShakeOut)提唱会議
    公益財団法人日本法制学会

 

●会場アクセス

 有明の丘基幹的広域防災拠点施設(東京都江東区有明3丁目)、会議室
 アクセス:ゆりかもめ「有明」駅 徒歩2分 ※会場アクセスマップ

 

●参加費

 無料

 

●参加申し込み

 「お問い合わせ」フォームに必要事項を入力のうえ、内容に「10月17日セミナー参加希望」と入力して送信してください。

 

●セミナーチラシ

 防災教育実務者セミナー2015チラシ[PDF]  クリックするとダウンロードできます。

design

【報告】EDUPEDIA×東京臨海広域防災公園「防災教育とアクティブ・ラーニング」9/20(日)

実施報告・当日配付資料の公開

2015年9月20日(日)、先生のための教育事典「EDUPEDIA」と東京臨海広域防災公園管理センターの主催によるイベントに協力しました。施設体験学習、EDUPEDIAを運営する学生スタッフによるワークショップなどを通じて、防災教育とアクティブ・ラーニングについての理解を深めました。

当日配付資料を下記で公開しますので、防災教育やアクティブ・ラーニングに関心のある方はぜひご利用ください。リンクをクリックするとPDFファイルがダウンロードできます。
▶ EDUEPDIAとは? edupedia-aboutus[PDF]
▶ EDUPEDIAと考える『アクティブ・ラーニング』 edupedia-activelearning[PDF]
▶ EDUPEDIA防災教育実践50選 edupedia-jissen50[PDF]

2015-09-20-130328_21369267140_o 2015-09-20-163203_21572961071_o2015-09-20-161653_21564063775_o

 

 

防災教育とアクティブ・ラーニングについて考える

先生のための教育事典『EDUPEDIA』と、わが国唯一の国営防災公園『東京臨海広域防災公園』の共催によるコラボレーション・イベントが9月20日(日)13:00~同公園内で行われます。詳しくは下記画像またはチラシ[PDF]をご覧ください。定員は60名、参加費は無料です。公園内の防災体験学習施設「そなエリア東京」の体験ツアーや防災教育に関するワークショップ、情報交換などが予定されています。

【イベントチラシ】EDUPEDIAとみんなで考える防災教育2015[PDF]

150920chirasipng

研修案内について

教職員や学校教育に関わる方々を対象とした研修やイベントの情報を掲載予定です。

今しばらくお待ちください。

【研修】第3回国連防災世界会議「防災教育交流国際フォーラム」

3月14日(土)、東北大学川内北キャンパスマルチメディア教育研究棟において、第3回国連防災世界会議パブリックフォーラム『防災教育交流国際フォーラム~レジリエントな社会構築と防災教育・地域防災力の向上を目指して~』が開催されました。詳細な報告は追って追記させていただきます。ご参加いただいた皆様、ご発表・展示にご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

IMG_0078 IMG_0077 IMG_0076 IMG_0075 IMG_0074 IMG_0071

【研修】屋外体験型環境学習プログラム「富良野自然塾東京校」防災教育への応用に向けた視察体験会(3/26)

関係各位

平成27年3月
一般社団法人防災教育普及協会
災害救援ボランティア推進委員会

屋外体験型環境学習プログラム「富良野自然塾東京校」
防災教育への応用に向けた視察体験会(3月26日)のご案内

 

  平素より弊会活動にご協力賜り、厚く御礼申し上げます。 この度、国営昭和記念公園管理センター様、西武造園株式会社様の協力により、標記の会を開催させていただくこととなりましたので、ご案内申し上げます。関係者の皆様にご参加いただき地球環境、自然について体験的に学ぶとともに、防災教育への応用に向けご意見やご感想をいただければ幸いです。

 

【富良野自然塾東京校とは】http://showa-kanricenter.jp/event/2014_furano/ 「富良野自然塾東京校」は、北海道富良野市において作家倉本聰氏が塾長を務める「富良野自然塾」のコンセプトをそのまま国営昭和記念公園において実施するものです。(中略) 自然塾は、様々な環境に関する問題の『根底』の問題を理解していただくことが目的です。園内にコースを設定し、実際に歩きながら、地球の歴史の長さと、人類が誕生してからの歴史が、地球にとってはいかに短い時間であるかを体験できます。同コンセプトの自然塾は他に今治・京都・北九州にて実施されており、今回首都圏での初の開校となります。富良野自然塾にて研修・訓練を受けたインストラクターが、体験プログラムを通して皆様をご案内します。 (富良野自然塾東京校ホームページより)

 

経験豊富なインストラクターの方から、地球環境等について体験しながら分かりやすく説明していただくことができるので小さなお子様(小学校4年生程度)でも気軽に参加できます。

  ●「富良野自然塾東京校」防災教育への応用に向けた視察体験会案内(PDF)  

 

「富良野自然塾東京校」防災教育への応用に向けた視察体験会【詳細】

(1)テーマ:「富良野自然塾の防災教育応用に向けた視察体験・意見交換会」
(2)主 催:一般社団法人防災教育普及協会、災害救援ボランティア推進委員会
(3)協 力:国営昭和記念公園管理センター、西武造園株式会社
(4)日 時:平成27年3月26日(木)13:00~16:30
(5)会 場:国営昭和記念公園(JR「立川駅」北口より徒歩10分)
(6)定 員:30名
(7)参加費:無料(通常一般1700円、入園料別)
※公園入園料 410円のみ、受付時にお釣りのないようお支払いください。

(8)対 象:主催・協力関係者、一般、セーフティリーダー(SL) 等
(9)服装・持ち物
①動きやすい服装で、両手のあくリュックサック等でご参加ください
②バンダナ、タオル等2枚以上(目隠し用、裸足で歩く体験後の足ふき用
③雨具(レインコート等)
④飲料水

 

  【プログラム】
12:30~13:00 受付、国営昭和記念公園「あけぼの口」総合案内所集合
13:00~13:05 主催者挨拶
13:05~13:15 西武造園の防災への取り組み、災害時の公園利用について
13:15~13:25 富良野自然塾について
13:25~13:30 富良野自然塾の防災教育への応用について
13:30~13:45 休憩・移動・準備
13:45~15:15 富良野自然塾東京校 体験
15:15~15:30 休憩・移動
15:30~16:00 意見交換・質疑
16:00~16:10 まとめ・挨拶
16:10~16:30 記念撮影  

 

【問い合わせ・参加申込】
災害救援ボランティア推進委員会「お問い合わせフォーム」よりお申し込みください。
※「用件」はその他を選んでください。
※「お問い合わせ内容」に富良野自然塾参加希望と入力してください。

 

  <参考リンク>
富良野自然塾東京校 http://showa-kanricenter.jp/event/2014_furano/index.html
国営昭和記念公園 http://www.showakinen-koen.jp/