トピックス

【募集中】特別セミナー『災害リスクを知り効果的な災害対応へ~仙台防災枠組みから学ぶ企業防災~』|11月29日(木)東京大学

 

「仙台防災枠組み2015-2030」は2015年3月の仙台での第3回国連防災世界会議で採択された、今後15年の世界の防災指針です。政府のみならず、地方自治体、市民社会、企業など多くの主体が防災に取り組む重要性が触れられています。本セミナーでは防災枠組みで示される4つの優先行動や、企業防災に求められる対策、事例などを踏まえて企業における効果的な災害対応について考えます。

 

===【実施概要】===

1.名称

防災教育普及協会特別セミナー
災害リスクを知り効果的な災害対応へ ~仙台防災枠組みから学ぶ企業防災~ 』

2.日時

 2018年11月29日(木) 10:00-17:00

3.場所

 東京大学本郷キャンパス山上会館 大会議室(文京区本郷7-3-1)
 アクセスマップ

 

4.主催等

主催: 一般社団法人防災教育普及協会
共催: 東北大災害科学技術国際研究所
    東京大学大学院工学系研究科廣井研究室
協力: 災害救援ボランティア推進委員会
    公益財団法人日本法制学会
後援: 仙台市・毎日新聞社・日刊工業新聞社(調整中)

5.参加費 6,000円

6.参加申し込み方法及び定員

参加申込フォーム をクリックして必要事項をご入力ください。

定員 : 120名 ※定員となり次第、締め切りとなります。

 

7.内容(演題・講師は都合により変更となる場合があります)

◆『仙台防災枠組2015-2030について』
 東北大学災害科学国際研究所 教授 今村文彦

◆『仙台防災枠組を踏まえた国の取り組み』
 内閣府防災担当 参事官 佐谷説子

◆『これから求められる企業の防災・帰宅困難対策』
 東京大学大学院工学系研究科 准教授 廣井悠

◆『企業のための災害リスク対策』
 株式会社レスキューナウ危機管理研究所 代表取締役社長 市川啓一

◆『最近の都市型地震災害から考える防災リテラシー』
 東京大学地震研究所 教授・一般社団法人防災教育普及協会 会長 平田直

◆『パネルディスカッション~企業の危機管理と効果的な災害対応~』

モデレーター
 東北大学災害科学国際研究所 教授 今村文彦

パネリスト
 JR東日本旅客鉄道株式会社
 日本コープ共済生活協同組合連合会
 MS&ADインターリスク総研株式会社
 丸の内総合法律事務所

※順不同・敬称略、演題及び登壇者は変更となる場合があります

 

本セミナー終了後、山上会館1Fホールにて情報交換会を開催いたします。
(17:30開始予定)。
他の参加者・企業様との交流の場となっておりますので、是非ご参加ください。

【情報交換会 会費 5,000円/当日受け付けにて承ります】

 

8.問い合わせ

一般社団法人防災教育普及協会

〒102-0073

東京都千代田区九段北1-15-2 九段坂パークビル3F

  TEL.03-6822-9903 FAX.03-3556-8217 Email:seminar@bousai-edu.jp

 

===【広報資料】===

防災教育普及協会特別セミナーチラシ
※クリックするとファイルをダウンロードできます。

※クリックすると画像を拡大します。