教材・事例紹介

【資料】防災教材活用ガイド/乳幼児・児童向け防災プログラムリスト/実践サポートシート等を公開

 

2018年6月より、防災教育を実践・支援される方々をサポートするためのツールとして「防災教材活用ガイドチャート」等を公開しています。お気軽にご活用ください。

<お知らせ>
◆2018年12月8日(土)
防災教材活用ガイドチャートVer1.5を公開しました。
乳幼児・児童向け防災プログラムリストを追加しました。

 

▼防災教材活用ガイドチャート

「防災教材活用ガイドチャート」は、対象者、人数、時間、会場、テーマなどからオススメの防災教育教材や防災ゲームを選ぶことができます。教材は活用方法、指導方法によって様々な成果が考えられますので、あくまで作者の経験則に基づく参考資料ですが「こういう実施環境なら、どんな教材が使えそうか」を知るヒントとしてお役立てください。

(防災教材活用ガイドチャート中高生板)
(防災教材活用ガイドチャート小学生板)

 

▼乳幼児・児童向け防災プログラムリスト

特に乳幼児や小学生向けのプログラムをまとめたリストです。「からだをうごかす」、「かんがえる」、「はなしあう」の分類でプログラムを整理しています。

 

(乳幼児・児童向け短時間型プログラムリスト)

▼防災教育実践サポートシート

「防災教育実践サポートシート」は、防災教育チャレンジプラン実行委員会・内閣府(防災担当)が作成した冊子『地域における防災教育の実践に関する手引き』を基にした、防災教育実践者向けの自己評価シートです。実践活動を準備、実践、継続の3つの段階で振り返り、18のポイントについてYES/NO/該当なしで回答します。シートで客観的に実践を振り返ることができるほか、関係者や有識者・専門家などのアドバイザーに提供することで、より具体的なアドバイスを得ることができます。『~手引き』とも連動しており、課題のあるポイントについてのヒントを冊子(PDF版もあり)で知ることができます。

(実践サポートシート)

 

▼防災教育プログラムづくりワークシート

「防災教育プログラムづくりワークシート」は、防災教育実践の準備段階で、具体的な授業やイベントの計画を立てる際にご活用いただけるワークシートです。対象者やねらい、使用するものや関係者をまとめたり、所要時間ごとの学習者(児童生徒や市民)と指導者の動きなどを整理することができます。

(プログラムづくりワークシート)

本シート類を活用した相談支援については下記のイベントでも行います。ぜひご活用ください。