活動実績

朝日新聞全国版夕刊1面(2018年8月29日付)で防災ゲームについて紹介されました

 

2018年8月29日(水)、朝日新聞全国版夕刊1面記事で、防災ゲームについて紹介されました。弊会が「防災ゲームDay」等で紹介している各種防災ゲームのほか、宮崎事務局長のコメントなどが掲載されました。

下記の朝日新聞デジタル版で記事を閲覧することができます(一部有料)。

主体的で対話的な深い学びをテーマに中学校で校内研究会|藤沢市

 

神奈川県藤沢市内の中学校で開催された教職員研究会で、「主体的・協働的に学ぶ」為にはどのようなアプローチをしたり、教材教具を工夫したら良いかについて実践事例などをもとに紹介しました。防災教育における『知識・技能』、『思考力・判断力・表現力』、『学びに向かう力・人間性』等について触れながら、東日本大震災での事例や昨今の災害での教訓に触れながら講義を行い、実際に防災教育教材を体験していただきました。

参加者からは


「主体的・対話的な学び」や「深い学び」について、教員の中でも認識にバラつきがあり、理解が難しかった。研修のなかでゲームを通じて具体的に主体的な関わりとは何か、対話を生むにはどうしたらよいか、人生の中にどう活かしていくかなどを知ることができてよかった。

といったコメントをいただきました。

学校事務職員の視点で考える防災教育、避難所をテーマに|横浜市

 

2018年8月23日(木)、横浜市内の公立学校事務職員を対象に「防災教育研修会」が行われました。学校事務職員の視点で防災教育の目的や、事務職員にできることを学ぶため、基礎講義や避難所運営ゲーム(HUG)を用いたワークショップを実施しました。参加者からは

避難所運営を実際に経験したことがなかったので、今後の災害に向けてイメージを形成することができました。ルールを示していくことと、避難者の要望を受け入れていくことのバランス、判断が難しかったです。グループで相談して結論を出すことができ、楽しかったです。

講義だけでなく、実際にシミュレートすることで自分ごとに考えられるし、とても新鮮な体験だった。ほかの参加者からの意見をもらいながら協力してできることはとても良いことだと思う。

といった意見がありました。

  

各地の大学職員向けに災害時初動対応演習、帰宅困難者や学生支援を考える|仙台市

 

2018年8月22日(水)、東北学院大学(宮城県仙台市)で開催された「2018学生生活支援研究会夏期合宿研究会」で、本協会の宮﨑事務局長が『大学における避難者・帰宅困難者対応図上訓練
~学生・職員・避難者の安全安心を確保する初動対応~』をテーマに講義・演習を担当しました。関東・関西などの大学からおよそ60名の職員が参加し、仮想の大学を想定した図面を用いて、帰宅困難者や学生支援について考える図上訓練を行いました。

宮﨑事務局長からは、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震発生直後に4つの大学で帰宅困難者支援に携わった経験から「当時と比較して災害支援がより身近になっています。これからの災害では滞留している学生が、率先して対応に協力を申し出ると考えられます。大学(職員)としてどのように学生の安全を確保し、協力していくか事前に検討してください。」といった説明がありました。参加者からは

◆ 実践的なシミュレーションを行うことで、課題が見えてきた。今後の対策に活かしたい。
◆ 自大学に持ち帰って他の職員と共有したい。学内での実施も検討したい。

といった意見がありました。

市立学校長・園長・総括教諭等を対象に防災教育研修講座|横須賀市

 

横須賀市教育委員会主催「防災教育研修講座」が開催され、本協会の平田会長(東京大学地震研究所)が講演を、宮﨑事務局長がワークショップを担当しました。平田会長からは、昨今の地震災害の状況を踏まえて、横須賀市で想定される地震災害等について専門的な知見から防災教育の必要性を紹介しました。宮﨑事務局長からは、防災教育教材『減災アクションカードゲーム(東北大学)』や『このつぎなにがおきるかな(国土交通省)』を活用して、教材体験型ワークショップを通じて指導のポイントを紹介しました。

 

平成30年度新任教頭研修会で防災教育について講演|埼玉県

埼玉県総合教育センター主催の県立高等学校・公立小中学校等新任教頭研修会で『防災教育の取り組みについて』をテーマに講演を行い、頻発する大規模災害の事例や教訓、地域における防災教育実践の要点、防災教育教材の活用方法などを紹介しました。防災教育実践支援ツールとして、下記の記事で紹介しているガイドチャートやサポートシートなども紹介しました。

社会福祉協議会「ボランティアサマースクール」で災害ボランティア体験指導|白井市

 

2018年7月31日(火)、中高生が参加する白井市社会福祉協議会主催「ボランティアサマースクール」防災教育の時間に、関連団体「災害救援ボランティア推進委員会」職員を兼務している本協会の宮﨑事務局長による災害ボランティア体験指導が行われました。平成30年7月豪雨の状況や災害ボランティアの基本について説明した後、災害ボランティアセンターの活動について模擬的に体験するプログラムを行いました。